« いいお天気になり、 | トップページ | バーバラ・ミント 「考える技術・書く技術」 »

星 新一 「星新一時代小説集 地の巻」

星 新一 「星新一時代小説集 地の巻」

気になっていた続編が登場していたので、

天の巻」に続き、読んでしまいました。

『ねずみ小僧次郎吉』など、やはりうならせる短編ばかり。

ショート・ショートの神様が書くから面白いのか、

いつものショート・ショートとは違うから面白いのか、

星新一氏という人物について、あまりにも知らない自分に反省。

 

山田風太郎氏も、伝奇忍者小説で有名ですが、

じつは明治物の作品も数多く残していて、

そちらも読んでみたいと思う、読書の秋。

|

« いいお天気になり、 | トップページ | バーバラ・ミント 「考える技術・書く技術」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星 新一 「星新一時代小説集 地の巻」:

« いいお天気になり、 | トップページ | バーバラ・ミント 「考える技術・書く技術」 »